09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.06.07 (Tue)

サンタ・マリア・ノヴェッラのオーデコロン「マグノーリア」に決めた!

人生で恐らく初?いや、小学生の時にファンシーショップ
(キキ・ララとかボードビルデュオとかゴロピカドンとか売ってるサンリオ的な店)
で300円くらいの黄色い「コロン」を買って以来、
OLになって同僚の海外土産で香水ミニチュアサイズを部内女子で争奪戦した
(詳しくないので残り物で良かった)時以来、な気がする、香りものを、
とうとう買いました!

smarianovella_magnolia1.jpg


振り返るとなんと2年前!
このブログでパテントさん(あぁ、お懐かしいです・・・お元気ですか?)にご紹介頂いた、
サンタ・マリア・ノヴェッラ。ありがとうございました。

2014.07.11 (Fri) 
衝撃★白木蓮そのものな香水@サンタ・マリア・ノヴェッラ

実は、それ以降もデパートの1階でいろいろクンクンさせて頂いたり、
イセタンミラーで鼻がもげるほどクンクンして、香水の本読んで、
やっぱ40過ぎたしシャネルだろーって思ったものの、好きになれず・・・。

もーーーどれにしたらいいか、調べれば調べる程、嗅げば嗅ぐ程分からなくなるぢゃないかーーーーーーっ!
#嗅ぐとかさ、香水なんだからさ・・・。

で、このブログを始めた当初は、徹底的に調べ、徹底的に試して、決めていましたが、
今は、ご縁とか、タイミング、ピンと来る、なんか好き、を基準にしています。
これを着たらどうなるかとか、(昔と比べれば)かなり分かるようになって来たし、
何より、なんか、ご縁を大切にした方が、自分らしくまとまる気がして。

で、原点に戻る・・・ってしたら、小学生か中学生頃に読んだ立原えりかさんの「小さな花物語」です。相当戻ります。



花をテーマにした、優しく切ない短編集なのですが、
その中の「ハクモクレン」というストーリーがとてもとても印象的で忘れられなくて。

ある調香師がどうにかハクモクレンのたおやかな香りを香水にしようと、
ずーっと、ずーーーーっとその研究に身を捧げるのですが、全然作れない。
でも、どうしてもできなくて、公私共に上手くいかなくて、
そんなある日、ヤケになってお酒にハクモクレンの花びらを入れて飲んだら、
いつの間にか自分の身体からハクモクレンの香りが立ち上がって来た、という話。

20140326flower2.jpg  

この短編集は基本的にハッピーエンドより切なエンドが多かったので、
悲しい結末だった気もするんですが、とにかくそのお話がずーっと頭の片隅に残っていて。

この影響もあってか、ハクモクレンが大好き。
桜より前に春を知らせ、ふくよかで淡いバニラの大輪の花を咲かせたと思ったら、
大抵すぐに雨に打たれて変色し、あっという間に落ちてしまう。

そのソフトクリームのような大きなハクモクレンの花が咲くのを、毎年楽しみにしています。

20140326flower3.jpg

で、そんな好きって思うんだから、マグノリアっていう記号だけで香水を買っても、
その香りが自分に合うかとか、好きかとか、他と比べまくったけど絶対一番かとか、
そんなことどうでもいいんじゃない?

そして、イタリアの世界最古の薬局として800年もの歴史を誇るという背景や、
素敵な読者の方からおすすめ頂いたこととか、
なんかお店の雰囲気や、店員さんの対応や、プロダクトの佇まいも含めて、
なんとなくしっくり来るなーって思ったのです。
外資系の華やかなコスメカウンターに並ぶ煌びやかな香水よりも。

santamarian3.jpg
#銀座の路面店です。


サンタ・マリア・ノヴェッラ オーデコロン「マグノーリア」
オフィシャルサイト
http://www.santamarianovella.jp/4prodotti/view_new.php?cat=1&id=16&num=12

smarianovella_magnolia3.jpg

ちなみに、香水の種類はこんな感じで、オーデコロンは最も軽いタイプ。
香りが苦手な櫻田やバッハ君には、ちょうど良い。

パルファン 15~30%    5~12時間
オーデパルファン10~15%    5~12時間 
オーデトワレ   5~10%    2~5時間
オーデコロン    1~5%    1~2時間
http://www.azaban.com/howto/06.htmlより

香りは、甘く濃厚。
ちょっとだけオリエンタルな、すーっと爽やかな感じもします。
時間が経過すると、そのちょっとだけ爽やかな感じは引いて、甘い香りだけが残る気がします。
でも、トップとミドルで変わる、という程のものでもないような。
1,2時間で消えてしまう香りですしね。
と頑張っていろいろ書いてみたものの、香水の経験がないので、良く分かりません。

う〜ん、いい香り〜♪

それさえあればOK。

香りの特徴からしたら、マダムな感じ、女性らしさ、フェミニン、
豊かな、たおやか、といった単語を思いつきます。色気というより芳醇。
どんな香りをご希望ですか?と聞かれて、
櫻田キャラでお話している中で、あまりすすめられない類いの香りです。

そうじゃない選び方で、櫻田の手元にやって来た、

サンタ・マリア・ノヴェッラのオーデコロン「マグノーリア」。

自分のために、ずーっと肌身離さず纏っていたい香りです。
真夏には暑苦しい香りかもしれませんが。
アトマイザーも買おうと思います。

smarianovella_magnolia4.jpg
#キャップに指紋と櫻田が(笑)



定価は17,280円ですが、半額くらいの並行輸入品が沢山出回っているのが現状です。





香り初体験なので、これから好みが変わっていくと思います。
でも、最初の一歩を、大好きな花の香りで踏み出すことができて、
なんだかとても嬉しく、満たされた気持ちになりました。

香り付きのハンドクリームはどうしよう・・・足に摺り込もうかな・・・(笑)


2016年12月12日:サンタ・マリア・ノヴェッラ「マグノーリア」にアトマイザーを購入した


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  香水美人
 | HOME |