07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.01.22 (Fri)

フェルメールとレンブラント展でうっとりして来ました

フェルメールとレンブラント17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展
を観に行って参りました、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!


 vermeer1

・六本木ヒルズ52階からの展望も楽しめて1,600円
#前売り1,400円

パノラマビューな展望台は有料で別料金なのですが、帰りがけに窓のある通路を通るので、
迫力のあるビューを楽しめますよ〜。


■ 闇と光の、レンブラント&フェルメール

絵はあまり詳しくありませんが、陰影ある絵は割と好きなので、
ちょっと楽しみにしてました。
ちなみに、タイトルにある2人の大御所の作品はそれぞれ1作品ずつです・・・。

初来日!というフェルメールの「水差しを持つ女」


青がとーーーーーってもキレイ!
天然のラピスラズリを使っているらしく、何とも言えない輝く深みのある色でした。

レンブラントは「ベローナ」という作品が展示されていました。
光と影、いかつい甲冑と女神、キラキラ輝く装飾と闇、
いろんなコントラストが素敵〜な絵でした。うっとり。非常にうっとり。

正当に掲載できる「ベローナ」の画像が見つからず・・・
レンブラントの代表作「夜警」をご紹介。


「ベローナ」も含めた展示作品や詳細は、この展示会のオフィシャルサイトからチェックできます。
http://www.tbs.co.jp/vermeer2016/

有名なお二方以外の作品も、
静物や風景画の構成やら、色使いやら、自画像の背景処理やら、
美しい!と素直に感じられるものばかりで、本物の美を沢山浴びて来ました。

お土産コーナーに、フェルメールの作品のコピーが、確か現物大で多数展示されていました。
額縁や照明などの影響ももちろんあると思いますが、コピーはやっぱりコピー。
本物が持つ何かって、言葉じゃ表現できないけどやっぱり違うわー、と実感できて面白かったです。





毎回言ってる気がしますが、美術館に行った後の、
私、美術館でアート楽しんだわー感、好きです。
さらに、コーヒー飲みながらだと、より陶酔感も高まります。

 vermeer2

そんな不純な動機もいいんじゃない。

本物を観るのは、なんだか良く分からないけれど興奮するし、楽しいし、
そのうち絵に詳しくなって、観るのがもっと楽しくなって、
そこからまた、何か新しい発見があるかもしれない。

絵を鑑賞してる私、いい感じ!
チェロ弾いてる私、カッコイイ!
筆文字練習してる私、素敵かも!

不純な動機パワーで行動に移し、沢山の刺激を吸収しちゃえばいいし、
勘違いな暗示をかけてるうちに、何かが身についたらラッキー☆
ということで、興味のある展示会があったら、また行きたいと思っています。

ホッパーと、ロスコ、オキーフ、バウハウス関連辺り、来ないかなぁ。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美に触れる
 | HOME |