11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.12.30 (Wed)

チキン櫻田★コスメカウンターを行く・・・

デパートのコスメカウンターが苦手な、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

カウンターのお姉さま達(皆さま櫻田よりお若い方ばかりですが・・)がキレイ過ぎて、
こんな化粧に疎いモサっとした櫻田などお呼びでない、場違い、と、
光り輝くキラキラしたカウンターを横目に、本当は興味を持ってるクセに、
足早に素通りするのが常。

あそこが楽しくてたまらないという方にくっついて行きたいです。


■ いざ!コスメカウンターへ・・・

さて、先日購入した雑誌で、2015年よかったコスメランキング的な記事があり、
気になるアイテムのメモを取って、いざコスメカウンターへ!

間違い探しできそう。走り書き。
cosmemo.jpg

とりあえずジバンシィ行くべ、と目指したものの、
人だかりができているし、お客さんも皆キレイだし、
美容部員さんは雑誌に出て来そうなパーフェクト振りだし、
サンプルがキレイに並んだ棚の前を2往復して、そのまま素通りするという・・・

お、お前は何をしに来たんだっ!

近くにRMKもあり、リキッドファンデは20代長らく使っていたし、
なんとなく親近感があるから大丈夫・・・と向かったものの、
ジバンシィショックで気力が低下しており、
こちらも手に取ってみるも、なんとなく素通り。

だからっ!お前は何をしに来たんだっ!

本日午後はお買い物をずーっとしており、
デニムを3種類6本試着し、コートの試着をし、散々歩き回って、
かなり疲れていたのが主な敗因だったと言い訳しますが・・・

それにしても素通りって何だよっ!

買う気満々で、3万円分の商品券を握りしめて来たのに(笑)
・・・我ながら情けなくなりました。とほほ・・・。


■ チキンの味方「イセタン ミラー」へ

その後、イセタン ミラー新宿ルミネ店に行き、
チキンなりにいろいろとお試しをさせて頂きました。
声を掛けない限り、声を掛けられない、という環境が、チキン櫻田には有り難い。

NARSのベルベットシャドースティック#8256は即買いたかったのですが、
売切れでした・・・ネットでも軒並み売切れ・・・。
目元がこう、パッと明るくなる。



THREEのリップジャムは色で迷いまくって、保留。
一番濃い色と、淡ーい色、どっちにしようかなと。

THREE(スリー) シマリング リップジャム

THREE(スリー) シマリング リップジャム
価格:3,888円(税込、送料別)



コンシーラーは、使いこなせそうにないし、色選びが分からんし、
カウンターでご指導賜りながら選ぶことにしました←つまり出直し
「イセタン ミラーガール」に相談すれば良いのですが、
もう、今日は下見!モードになって(=ひよって)まして。



その他、メモにはないものも、いろいろとお試しさせて頂いて、
メイク魂に、少しだけ火がつきました・・・

少しだけかよっ!


■ 化粧品のパケや購入プロセスなんてどうでもいいと思っていた

内匠先生は「プチプラコスメもブランドコスメも、クオリティはあまり変わらない」
と仰っていて(でも、最新の流行色はブランドコスメに軍配ありとのこと)
「じゃあプチプラコスメでいいや」なんて思っていました。

結局高いコスメなんて、美容部員さんの人件費、派手な宣伝広告費に、
コスメカウンターの什器やデパートへの所場代でしょほとんど?的な発想です。

2015.05.18 (Mon)
TAKUMI JUNさんに奇跡の一枚を撮影してもらって超楽しかった話
#このレポにその話は出て来ませんが

また、パケに惹かれて買うこともあまりなく、
実質的なところは何も変わらないから、パケはいらない派・・・。
さらに、楽天お買い物マラソンの時に、安くポチった方がおトクじゃんって。

でも最近、それは間違っていたなと思っています。

コスメ雑誌で研究して、華やかなコスメカウンターで情報を仕入れ、
美容部員さんのプロのアドバイスを取り入れて最新のコスメを買い、
美しい紙袋にリボンを付けてもらって、ワクワクして持ち帰り、
キラキラ輝く美しいコスメを並べてメイクする。

diorgloss1.jpg
#だいぶ前に買ったグロスのだけど、持ち帰る時リボンがなんか嬉しいよね。

パケや購入プロセスが具体的に何かをキレイにしてくれるワケじゃないけれど、
キレイになろうという意識が高い人は、そういうものを味方にしている気がします。
櫻田はそれらを味方にできていない、なんか、敵に回して、疎んで来た。

だから、メイクも一向に上手くならず、美しくなるチャンスを逃しまくっている。

コラーゲン鍋や、炭酸美容や水素水に「トンデモ科学」とケチをつける人←櫻田
より、そういった美容を楽しく取り入れている人の方が美しい(櫻田調べ)的な、
なんか、意固地になって、顔にシワ作っているな自分、と思いました。


■ 必要なものはコスメではなく意識!

ジョージ・ブレシアさんの「必要なものは服ではなく意識」や、
「ファッションは心の問題」というフレーズが強く残っていています。

2015.12.11 (Fri)
「似合う服がわかれば人生が変わる」ジョージ・ブレシア★お買物が変わる魔法の言葉

美人の公式、美人のメイク、美人のワードローブがあって、
そこに自分を当てはめれば=美人、となると思っていて、
その公式やルールを探す旅が、このブログであったりもします。

でも、美人になるのに必要なのは、自分に合った運命のコスメ、というより、
それらの力を借りて美しくなろうという、意識や心意気で、
それを持っている方は、価格やブランドに惑わされず自分に合ったコスメを見つけるだろうし、
パケや買うというプロセスそのものも大切にするのではないかと思いました。

それに気付いて意識を高めて行くことこそ、このブログの本当のゴールかもしれません。

もちろん、コスメカウンターに行かないし、
メイクに興味がなくても、美に意識が高く、美しい方はたっくさんいらっしゃると思います。
ただ、今の櫻田に足りないものの一つが、そこに現れていると思いました。





キラキラ輝くコスメはゲットできなかったけれど、
なんだかよく分からない「こころのこわばり」みたいなものに気づき、
また一歩、美人に近づけるような気がする(気が大切!)40歳の年の瀬でした。

年明けコスメカウンター☆リベンジしたいと思います!


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人
 | HOME |