04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.15 (Mon)

「賢いクローゼット」鈴木尚子レビュー:クローゼットはあなたの人生そのものです

はい、オシャレに煮詰まった41歳の櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

考えても良く分からないので、賢者の教えを乞います。

「賢いクローゼット」鈴木尚子レビュー:着るものに迷っている人は人生にも迷っているもの

得るものが大変多く一つの記事におさまらなかったので、レビュー後半戦です。

kashikoicloset1.jpg


■ インナーはマストアイテム!からの、買いたいものではなく必要なものを買おうキャンペーン。

オシャレな抜け感を出すためには、城、もしくはライトベージュやライトグレーなどの淡いニュートラルカラーで濃い色のトップスを中和し、ボトムスとバランス良くつないでくれるインナー類が必要。

だけど、適切なインナー類を持っていない人が多いらしい。

だって、地味なインナー買うより、デザイン性のあるトップス買う方が楽しいし、予算も限られているからつい後回しになってしまう。

さらに、

ボトムスは着こなしの土台だけれど、世の女性はなぜかトップスが大好き。それに見合う量のボトムスをお持ちでない、

という的確なご指摘も・・・ごもっとも!だいたい、パンツって似合うものがなかなかないから買うのが面倒なんですよねぇ。試着も大変だし。

いずれにしろ、コーディネートには必要なもを足そうという発想より、パッと見て着てみたい、素敵な洋服、流行のアイテム、とにかく新しい服が欲しい!になってしまいがちな櫻田のお買い物。

ということで、櫻田のクローゼットに「必要なもの」をクリアにしようと思います。

・インナー
・軽くてベーシックなバッグ
・ストラップレスのブラ
・今っぽいシルエットの白Tシャツ
・今年の夏のボトムス、、、、

クローゼット部屋にボールペンとポストイットを常備しすることにしました。

closepen.jpg


そう言えば七江亜紀さんの著書に

コーディネートを考える時に「これがあったらいいのに・・」のこれをキチンとメモっておいて、それを買い足しましょう。

というようなことが書いてあったことを思い出しました。

また、青木貴子さんのファッション本にも!

足りないアイテムは書き留める「これがあれば良かった」アイテムはしっかり記録
「おしゃれ方程式」青木貴子レビュー




■ 自分の好きを知る

ファッション誌を一冊買って、気に入ったアイテムやコーディネートの写真を切り抜いてノートに貼り、それの何が好きなのかを脇にメモしていく。


「好きの理由を言語化する」ということは、「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニックby窪田千紘でセンスの育て方を知るでも大切なことだと書いてあったし、あらゆるファッション、センス本でも言われていて。

ということで、実際今、少しずつやり始めています。

「自分のライフスタイルを投影できる」理想の女性像とその人がなぜ素敵なのかを言語化して分解していく。

素敵な女性!なだけじゃダメで、例えば櫻田がIT企業のCEOキャリアウーマンをファッションでの理想の女性像にしてもダメなわけで。毎日スーツ着ないし。

そうなってくると、そもそも自分のライフスタイルって、良く分からないな・・・という、自分探しになってくる。そう、ファッションは自分探し。

少し先の自分をイメージした装い。

理想の自分に相応しい装いは、どんな装いなのか。それは理想の自分、少し先の「こうなっていたい自分」が明確じゃないと出て来ないな。

週末はじっくり自分と向き合って考えてみたいと思っています。





その他、こんなノウハウが気になりました。

・適当な服を3着買うなら、3倍の値段で一着を
・着ない服は今着る服と一緒にしておかない
・お気に入りは夏用、冬用揃えておく
・自分の得意なディテールを集める(◯◯らしい装い)


PLSTのネックレスは、これを読んでいたこともあり、購入に至りました。

・インパクトアクセサリーを一つプラスすする

longnecklace_big_plust2.jpg

PLSTのロングネックレスが理想的な上に3,229円

でも、しばらく新しいものを買うのは止めよう・・・。


■「いいね!」を決めるのはあなた自身。

ネットの世界でもリアルな世界でも「いいね!」を決めるのはあなた自身。自己評価を他人の手に委ねるのはやめましょう。

沢山の女性と向き合って来られたからこその著者の主張は、時折耳に痛く、はっと気付かされ、そして勇気づけられます。

アメブロ:SMART STRAGE

CREA WEB:鈴木尚子のもっと心地いい収納スタイル

全体的に「お説教」っぽいところがあり、ちょっと叩き直してもらいたい!という方にはピッタリです!


■ 春夏のクローゼットを大幅に整理してから、必要なものを足そうと思います

ちなみにこの本はクローゼットの整理の仕方の本なので、紹介されているプロセスに沿って春夏のクローゼットを整理する予定です。

全部出す
選ぶ
仲間に分ける
仮置き
住所を決める
納め方を決める
維持する

クローゼットのゾーニングの仕方や、選んだり仲間に分けたり、借り置きの仕方等も詳しく解説されていますので、是非お手に取ってみられて下さい。



「クローゼットはあなたの人生そのものです」

おー行き当たりばったりの、櫻田の人生そのものだわ、今は。

自分らしい、厳選されたアイテムが、美しく並べられたクローゼットを改めて目指します!


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  雑誌・本レビュー

2017.05.12 (Fri)

「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニックby窪田千紘でセンスの育て方を知る

GWオシャレセンス雑誌乱読キャンペーンを開催しておりました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

その中のベストヒットその2がこちらの本です。はい、素敵な私になりたいですっ!

sensuup.jpg

#ちなみにベストヒットその1は「賢いクローゼット」鈴木尚子レビュー:着るものに迷っている人は人生にも迷っているもの
今まで読んで来たいろんな本のエッセンスに至る所で出会い興奮。やっぱり物事の真理って同じなんだんだな、と思いました。

この本は、

・なぜあなたにセンスがないのか
・センスとは何なのか(能力ではない)
・センスを育てるには何をすればいいのか


ということが、具体的にかつ説得力を持って書かれています。

でも、書いてあることは突飛なことでもなくて、ご自身も書かれていますが「なんだそんなの知ってるよ」ということもあります。

しかし、皆知ってるだけで「実践できていない」「徹底できていない」から、徹底的に実践するだけで一気に垢抜けると。

センスを育てる3つのポイント(すみません、内容はあまり書けないのですが・・・)とても具体的でシンプルで分かりやすい!

そのプロセスは腑に落ちたので、実行は右脳的な櫻田でも、イケる気がしています。

Chapter1.目指すのは毎日が輝く「素敵」な私
Chapter2.センスは、あっという間によくなる!
Chapter3.セレクトを帰るだけであなたの未来はグッと明るくなる
Chapter4.ずるいほど簡単にあなたの印象がUPする!スタイリングの法則
Chapter5.スタイリングはあなたの理想の人生を作り出す技術

amazonのページにかなり詳しい著書の紹介があるので、気になった方はどうぞ





物事はトータルな印象に左右されるが、「垢抜けない」原因は、細部に目が行き過ぎていることが大半。という指摘が、一番イタかったです。

これ、櫻田だ・・・こういう印象を与えたいから、こういう空気感を出したいからこれを選ぶ、じゃなくて、この服可愛い!これいい感じ!って選んでしまう・・・。

また、何よりもまず「自分がどうなりたいのか」をしっかりすることが大変大切というか基本だと書かれていて、ご自身の講座でもそれを具体的にする作業もされているよう。

七江さんも鈴木さんも、そこは指摘されていて、ますますお誕生日ステイに向けて気合いが入っています。

お誕生日ステイ

42年間迷走しているので、1泊2日で何か変わるわけじゃ・・・いや、42年間変われなかったからって、明日も同じだって思うのは間違いで、いつだって明日の私は新しい私さ。

と、開き直ったところで、ちょっといつもと行動パターンを変えてみるのもいいかなと思っています。

先のことは考えるのは苦手な過去型だけど、どんな生き方なら自分を誇れる「過去」になるのか、5感をフル回転して考えたいと思っています。



さて、本に戻って、あまりノウハウをお伝えしてしまうとネタバレになってしまうので、特に「過去に読んだ本を思い出した部分」だけご紹介させて下さい。


■ ものは「色・形・質感」の3方向からチェック

(実はいつか通いたいと思っているが)デザインスクールの講座になぜ「デッサン」が必須なのかは「ものをきちんと観察して把握する訓練。そのベースの力なしに、デザインはできないから、ものの観察力を養うデッサンは必須。」と言われたことを思い出しました。

これ、今回すっごいキーになりそうだなと思って、早速自分のPinterestでやってみています。インテリアはかなり揃って来たけど、他は・・。


■ 流行を無視していると老け込んだ印象になってしまう

これは地曳いく子さんの著書から、

今という時代にシンクロして生きるフレッシュな女性であり続けるためには、やはり積極的に取り入れたいもの
服を買うなら捨てなさい★これは良本☆流行ではなくスタイルを!

次にご紹介する水野学さんも流行は大切と仰ってます。


■ センスは知識(情報)・定番を知ることが大切

これは水野学さんの本で感銘を受けた部分。感銘受けただけで終ってますが・・・。

タイトルからしてこれですから「センスは知識からはじまる」水野学★ワタシの最適化

1. 王道から解いて行く(定番・名品・ロングセラー)
2. 流行
3. 「共通項」「一定のルール」を探す

これ以外も、今回一番共通点を感じたので、水野さんの本も読み返してみたいと思います。

そう、窪田さんは、もの「色・形・質感」を言語化することで「共通点」を読み取れるようになると言います。これってスゴイ。

パーフェクトワードローブって、そういう「共通点」のあるもの、そしてその共通点は「なりたい自分」に繋がるもので出来ていくはず・・・。





で、インスタ始めます!←とりあえず宣言しただけ

スタイリング力を付けるために、センスを育てるために、ものを見て観察して分析するトレーニングをするために、大変遅ればせながらインスタを始めようと思います。

最初は櫻田のリアルな生活ダダ漏れから始まると思いますが、徐々にそこに櫻田の憧れの世界を表現できるように。そうしたら、自分のスタイルも、インテリアも、そして人生も、憧れが現実になるのか、はたまた乖離するのか・・・ま、やってみます。

また、久しぶりに切抜きを整理してみました。切抜きして分析って、どこでも推奨されてますね。

kirinuki_20170512222639abc.jpg


流行は変わっても好きなものがあることに、なんだか嬉しくなりました。そしてそのコーディネートには自分の好きが詰まっているはずだから、それを「色・形・質感」で分析してみよう・・・

この本に従って、いろいろと分析してみたいと思います。

ほんと、ノウハウを漏らしちゃうことになるのでいろいろ書けないけど、しばらくこの本がバイブルになりそうです。


窪田千紘 さんアメブロ
暮らす+スタイリング「Klastyling」


クローゼットの整理をしていて、苦しくなってとりあえずいろいろ乱読してみたけれど、なんだかむしろワクワクする結果に。(クローゼットは乱れたままだが)

自分を知る作業って、面白いですね♪ ←目的を見失うなよ


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  カラー・骨格診断

2017.05.11 (Thu)

「賢いクローゼット」鈴木尚子レビュー:着るものに迷っている人は人生にも迷っているもの

鈴木尚子さんのブログは毎日読んでいる櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!同じ骨格ストレートの方なので着こなしも参考になるし、そのご活躍をワクワクしながら拝見しております。元気になるんですよね。

SMART STRAGE

しかし鈴木さんの著書を買ったことがなく・・・今回、クローゼット整理に行き詰まって手に取ったのがこの本です。

櫻田のクローゼットも賢くなってくれないかなぁ・・。

kashikoicloset1.jpg


写真は一切なく、イラストもオシャレですが具体性がないので参考にならず、文字だけの本です。でも、他の著書よりも、より訴えてくるものがあって。

沢山の女性の収納やクローゼット=女性の内面 と向き合って来た著者だからこそ。

オシャレになるための表面的なHow toだけではなく、もっと根本的な、内面的な部分まで深く考えるきっかけを沢山頂きました。


■ 「利き脳」がすごい!

この本の一番の収穫はこの概念です「利き脳」(鈴木尚子さんオリジナルではなく、所属団体のもののようですので、この本以外にもいろいろなところで紹介されています)

指組、腕組みによる自分の利き脳チェックがすぐにできるのですが、詳細はここではお話しできないので、本をご購入下さい・・・。


で、櫻田は「左右・さう」でした。

左:情報のインプットはロジカル
右:アウトプットの実行は感覚的
=なので、思った通りに行かない・・・正にそれ櫻田!

調べごとはとにかく好きで、本を読み、ネットで調べ、表にまとめ、分類し・・・なんですが、いざそれを行動に移そうとすると、なんとなくとか、ピンと来たから、とかいう動機で行動してしまう・・・あぁ、そうなのよそうなのよ!

あんなに「自分の好き」や「自分に似合う服」について考えたり、切り貼りしたりしたのに・・・買物はあっさり「ビビッと来たから」「櫻田らしいわっ!」と買ってしまう・・・正にそれ櫻田!正にそれ櫻田!


だから、思った通りに美人にならないのよっw


いやぁ、骨格診断を受けた時や、算命学鑑定のカウンセリングを受けた時と同等の「自分発見!」がありました。どちらも1万円以上だったけど、今回は1,300円+税で!(笑) 

もう、自分はどうしてこんなにバカなのかと、実行時の暴走っぷりに辟易していたのだけれど、それはそういう性質を持っているのだからしょうがない。そう考えられると落ち着いて「じゃあどうしたら暴走しなくて済むのか」と、対策を立てることができる。

ちなみに、他の人の正解やメソッドを無理してやってみるより、自分なりのルールを作って納得してから行うのが良いそう。そう、納得しないとすぐ自分流っていうか、感覚的になっちゃうんですよね・・・きゃーこれいー買う!的な。

・・あぁ、どれだけこの左右な自分に自己嫌悪して来た事か・・・本当に救われる気がしました。


■ 着るものに迷っている人は、人生にも迷っているもの

えぇ、ずっと迷ってます・・・不惑の40代ですが迷ってます。
これは七江さんも仰ってたなぁ。

クローゼットの中はあなたの人生そのもの

「自分自身どうしたいのか?自分とはどういう人間か?を理解されていないのかもしれません。」

「人に合わせたり、情報ばかりにふりまわされている、そんな姿が想像されてしまいます。」
2013.02.06 美人を作る色・美人を作るスタイル


4年も前よ!この頃からあまり変わってないよ櫻田!

いや、いやっ!進歩はあるけれど、根本のところでダメな気がする←それってダメってことじゃないか・・・

今年のお誕生日ステイは、ここら辺を重点的に深堀したいと思っています。

・自分のスタイルを作り上げること=自分探しの旅
・着るものに迷っている人は、人生にも迷っているもの。
・少し先の自分をイメージした装い
・自分のライフスタイルに合った理想


■ パーフェクトワードローブということを考え直す

「パーフェクトワードローブ」という概念とそのイメージを確立して毎日再現することは、未だに全然できていなくて、時折それは、例えできたとしても絵に描いた餅のようになってしまうんじゃないかと、ちょっと思わなくもないし、いやできない言い訳をしているに過ぎないと思ったりもする。

これ、大分前のだし、完成してないし・・・。

perfectwardrobedayo3.jpg  


ちなみに櫻田は算命学では「過去型」です。

「未来のビジョンを無理して思い描いてもピントがずれていることが多い。」

だから「立派な過去を残すような気持ちで今日を生きること。」が良いとされています。

未来型?現在型?過去型?〜宿命という自分の取り扱い説明書〜

そこからちょっとずれているかもしれませんが、

「最初にゴールやルールありき」(演繹法的)よりも、

「積み重ねて行ったらこうなった」(帰納法的)がフィットするような気がすると思うんです。


何せ実行は感覚的(左右)ということもあるし、

「理想のイメージを描いて、現在の自分との差を埋めて行く」よりも、

「いいなと思う装いを重ねて、そこから自分的いいね!を探す」のがいいのかなぁ←よくやってるけどねぇ・・・ 


とか、頭の中でごちゃごちゃ考えていたら、なんだか少しすっきりしました。

読んでる方は全然スッキリしないよっ!・・・ごめんなさい。

とりあえず、自分の今日の装いをカラー印刷してみようかなと思います。





まだまだレビューと言うか、感想と言うか、何と言うか、は続きます。続かせて下さい・・・。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  雑誌・本レビュー

2017.05.03 (Wed)

男性のパーソナルカラー&骨格診断にも興味があります★バッハ君はウェーブ*サマーかな

バッハ君のパーソナルカラー&骨格診断もいつかしてもらいたいなー、でも、診断の値段の高さに価値を見いだしてもらう自信がないわー、と悩む櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

バッハ君は洋服に比較的無頓着なタイプでしたが、最近はセレクトショップでお気に入りの店員さんにいろいろと見繕ってもらうようになり、ググンとカッコ良さがアップしてニヤニヤしています。カッコいいわ〜←言わせておいて下さい

さて、骨格診断を受けると、他人はどのタイプなのかが気になり始めると思いますが、一番気になるのはパートナーの骨格タイプではないでしょうか?

バッハ君
・わりと細かいゴチャゴチャした柄が似合う
・なで肩で曲線的、ソフトな印象
・手や腕の肌からはふんわりとした感じが漂う
・手指の関節は目立たない
#櫻田にとって全てが羨ましい・・・

なので、恐らくウェーブだと思うんですが、ウェーブって言うと聖子ちゃんが似合いそうなフリフリを想像してしまって、バッハ君のフリフリ姿を脳内イメージしてしまい、ひとりウケてますが、本当にウェーブかなぁ。

で、殆どの、というか、全てのパーソナルカラー&骨格診断の本が女性向けにつくられていて・・・うーん、男性用のカラー&骨格診断の本ってないのかな・・・

あった!(購入していません)


タイトルがアレじゃないですか、なぜ一流の人は皆トイレ掃除をするのか、的な感じで、本屋さんか図書館で見かけた事があるんですが、全く骨格&カラー診断の本だとは思いませんでした。

表紙からも分かるように完全に男性ターゲットで、

本書では、
・カラーチャートと自己診断による似合う「色」の傾向
・話題の〈骨格診断〉を自己診断で判別、似合う「味」の傾向
がわかります。

とのこと。

実は「Kindle100円のパーソナルカラー&骨格診断の本は、男性でも参考になると思いますか?」というご質問を頂いたので、それに対するお答えを探していたのもありまして。


男性がこの本を参考にスーツや普段着の選び方を考えるのはとても難しいと思います。パーソナルカラー&骨格診断を受けられた事が無い方は特に。

基本的な概念を理解する、という意味では役に立つかもしれませんが、自分自身で理論を男性の実用シーンに落とし込むのは難しい。

なので、男性が購入されるることはオススメしません。

敢えて言えば、自己診断のためのカラーチップ及び説明はとても充実しているので、もし購入を検討されるなら、紙の本が良いと思います。

#診断の資格をもたない素人の意見ですので、参考程度に留めて下さいませ。


そこで、バッハ君のパーソナルカラー&骨格診断も気になっていたので調べてみたところ、上記の本を発見したのでご紹介してみました。

なお、この本の著者、山崎さんのブログや執筆記事等を参考にすると、どのような内容かより理解できて、購入判断の助けになるかと思います。

骨格診断士・パーソナルカラー診断士 山崎 真理子さん
Webサイト:Color&Style1116 - for men
ブログ:Color&Style1116 男性骨格診断
記事:40's Life キュレーター山崎 真理子



ちなみに、濁りのない、優しくクリアな色が似合ってしまうバッハ君。

サマーのウェーブかな・・・あぁ、櫻田の憧れの組み合せ!と、羨やましい限りですが、いつかきちんと診断してもらいたいなと思います。

大丸東京のFashion Navi for Men (もちろん女性向けもあります)というサービスが人気のようです。5,000円未満で受けられるようです。これ、誘ってみようかな。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  カラー・骨格診断

2017.04.29 (Sat)

再び100円★本当に似合う服に出会える魔法のルールがKindle100円だったのでポチった

追記:2017年4月29日、再びKindle版が100円に戻っています!100円なら・・・と、ご興味ある方、今のうちにポチって下さい!

ただ、セルフ診断のためのカラーチップは紙版じゃないと役に立たないと思いますし、骨格別に合う洋服一覧なども紙で欲しいし、本当に誰かがPDFにしてくれた、みたいなKindle本なので紙版より使いにくいのは確かです。(目次等は打ってあるので、移動はラクですよ)

でも、100円よーーーっ!





追記:2017年4月25日、とうとうこの本も100円から1,138円に戻りました・・・他のKindle100円本も軒並み1,000円くらいに戻ってしまいましたね・・・タイムセールだったのか、何かの間違いだったのか・・・残念。

しっかり100円でダウンロードしたので、今レビューを書いているところです。

kokkakushindan100.png


これからもチョイチョイチェックして、Kindle本のセールがあったらご紹介しますね。

-----

あまりKindleで本を読まないので、これがお買い得なのかどうか良く分からないけれど、最近発売された人気の1,404円の本がKindleで100円というのにちょっとビックリして戸惑いつつ即ダウンロードしたということをお伝えしたいがために夜中に記事を書いている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

この本。定価1,404円で、Kindleは100円です。2017年4月18日23時44分現在。


春のワードローブを真剣に考えていて、骨格診断の復習をしたいなぁ、と気になっていた本のamazonレビューでも見てみようと思ったら、Kindle100円!

kindlebikkuri3.png

他のファッション本のKindle版は、1,000円前後なので、何かの特別セールなのかもしれません。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

とのことで、誰かが本をPDFにしてくれた、みたいな感じは確かにします。スマホだと読みにくいみたいだし、だから100円なのかな・・・。

確かに100%にしても、細かい文字がどこかぼやっとしてたりしてて、ちょっと見にくいですし、

kindlebikkuri4.png

もっと小さい文字はさらにもやっとしてて読みにくいです。

また、この本は、自己診断用のチップや色カードがついていますが、そういうものの再現性は非常に低いと思います。

でも、櫻田は自己診断は不要だし、色カードは持っていますし、いいまあ、100円だしポチってみたのです。

#櫻田はKindle for Macというアプリで、PC上で読んでいます。スマホでは恐らく読みにくいと思います。

kindlebikkuri.png

#どうでもいいんですが、画像ソフトは無料のGIMP使っていて、チュートリアルを買いまして。


結果、とても満足してます。100円でこの情報量、あり得ない・・・いいのかなぁ。


中古本も全然安くなっていないし、定価で買おうと思っていたのですが、思いがけず100円で買えて1,304円浮いたので、パフェでも食べに行こうかな。

では、これからピラティスして寝ます。おやすみなさい!


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  雑誌・本レビュー
 | HOME |  NEXT