07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.04 (Fri)

現在99円!★本当に似合う服に出会える魔法のルールがKindle100円だったのでポチった

追記:2017年8月4日Kindle版が99円!
はい、需要があるか分かりませんが、とりあえずお知らせしておきます。
千円以上に戻ったり、200円になったりしましたが、再び再び再び。

傾向としては、2ヶ月おきくらいには100円前後のセールをしている、ということでしょうか・・・今回ちょっと早いけど。



ただ、セルフ診断のためのカラーチップは紙版じゃないと役に立たないと思いますし、骨格別に合う洋服一覧なども紙で欲しいし、本当に誰かがPDFにしてくれた、みたいなKindle本なので紙版より使いにくいのは確かです。(目次等は打ってあるので、移動はラクですよ)

色繋がりでこの本もKindle版が99円ですね。



後は、お料理系の本も99円がザクザクです。





以上、2017年8月4日のUpdateです。

追記:2017年6月29日Kindle版100円カムバック!

追記:2017年4月25日、とうとうこの本も100円から1,138円に戻りました。

kokkakushindan100.png


これからもチョイチョイチェックして、Kindle本のセールがあったらご紹介しますね。

-----

あまりKindleで本を読まないので、これがお買い得なのかどうか良く分からないけれど、最近発売された人気の1,404円の本がKindleで100円というのにちょっとビックリして戸惑いつつ即ダウンロードしたということをお伝えしたいがために夜中に記事を書いている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

この本。定価1,404円で、Kindleは100円です。2017年4月18日23時44分現在。


春のワードローブを真剣に考えていて、骨格診断の復習をしたいなぁ、と気になっていた本のamazonレビューでも見てみようと思ったら、Kindle100円!

kindlebikkuri3.png

他のファッション本のKindle版は、1,000円前後なので、何かの特別セールなのかもしれません。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

とのことで、誰かが本をPDFにしてくれた、みたいな感じは確かにします。スマホだと読みにくいみたいだし、だから100円なのかな・・・。

確かに100%にしても、細かい文字がどこかぼやっとしてたりしてて、ちょっと見にくいですし、

kindlebikkuri4.png

もっと小さい文字はさらにもやっとしてて読みにくいです。

また、この本は、自己診断用のチップや色カードがついていますが、そういうものの再現性は非常に低いと思います。

でも、櫻田は自己診断は不要だし、色カードは持っていますし、いいまあ、100円だしポチってみたのです。

#櫻田はKindle for Macというアプリで、PC上で読んでいます。スマホでは恐らく読みにくいと思います。

kindlebikkuri.png

#どうでもいいんですが、画像ソフトは無料のGIMP使っていて、チュートリアルを買いまして。


結果、とても満足してます。100円でこの情報量、あり得ない・・・いいのかなぁ。


中古本も全然安くなっていないし、定価で買おうと思っていたのですが、思いがけず100円で買えて1,304円浮いたので、パフェでも食べに行こうかな。

では、これからピラティスして寝ます。おやすみなさい!


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  雑誌・本レビュー

2017.08.03 (Thu)

その美人に目を奪われた理由は。

肩パッドの入った半袖のラグランスリーブ、テーラードカラーのオフホワイトのロングフレアワンピースに、ピンクとパープルが混じったような、まろやかなテリのパールの一粒イヤリングと40cm位の一連ネックレス。

白髪混じりの長い髪をオールバックで一本の三つ編みにまとめているけれど、キッチリし過ぎていない程よい緩やかさがあり、しかし後れ毛は疲れた感じではなく、フェミニンな柔らかさを与えていて。

整えられた色白の肌にはピンクのチークが可憐さを添え、控えめにピンクに染めた唇は、軽く口角が上がったまま柔らかく閉じられている。

「美しい人」だなと目を奪われた、恐らく60歳くらいであろうそのご婦人は、優雅な上品さを漂わせながら、姿勢を正して電車の座席に腰掛けていました。





これから美術館に行ってモネやルノワールの印象派か、藤田嗣治なんかを鑑賞した後に、クラシックなホテルのラウンジでケーキセットを食べながら、学生時代の友人男女3,4人でおしゃべりに花を咲かせるのかな。

きっと若い頃は、ストライプのシャツとチンパンが似合う背の高い好青年の漕ぐ自転車の後ろに、白いワンピースと麦わら帽子で横座りで乗り、涼しげに軽井沢を駆け抜けていたんだろうな。

そんな「ストーリー」を思い起こさせるような力が、その人、その人の装い、その人のオーラにはあって、目を奪われました。

そして彼女が小さなハンドバッグから取り出したのは、キティちゃんの何か、で、あまりキャラクターものを好まない櫻田の目にも、それはお茶目でとても可愛らしく、彼女の世界観をより美しく奥深くするような小道具のようで、さらに印象に残りました。

どこかの駅で彼女は電車を降りて行ってしまったのだけれど、なんだかずっと忘れられなくて、こうしてブログに書いてみたら、うわーっと最近のもやもやが出て来ました。

自分語り系が苦手な方は、また明日!





そういうものを私は自分に、自分の装いに、自分のオーラに、纏わせることはできるのかなと、振り返って思います。

IKKOさんの「個性とは頭の中の世界観」という言葉の、その世界観を、自分は頭の中に持っているのだろうか(いや持っていない)、その内側にあるものを外に滲み出させることはできるのだろうか(いやできない)、そのご婦人のように。

彼女は小林直子さんが話される「自分の人生という舞台で主役を演じるヒロイン」そのもので、ヒロインのために考え抜かれた衣装とヘアメイク、そして小道具が、唯一無二の人生を豊かに引き立てているようだと感じました。

しかし実際、彼女はそんなことをみじんも意識することなく、息を吸って吐くように、そのすべてをふわっと何気なく選んで身につけているのだろうと(非常に勝手に)思うにつけ、それに比べて自分は何なんだと思わずにはいられなくて。

ある日の装い〜実はわたしが決まっていないのだが〜





櫻田の頭の中にはいつも「これは正解か不正解か?」と回りをキョロキョロする自分がいて、自分独自の世界観を育てることを怠って来たのだと思う。

親に対しても、学校でも、いつも優等生であろうとしたことに、やはりそのルートがあるような気がしてならないけど、そんな分析をして過去の自分の生き方にケチを付けたところで何の意味もない。

過去はどうにもできないけれど、今これから、自分がどう生きて、どうあるのか、何を着て、何を着ないのかは、全て自分で決めることができるし、今から自分の世界観を作ればいいだけの話で。

birthdaynotenew.jpg

#ちなみに、小さな頃から好きだった「エメラルドグリーン」という色にこだわるのは、大人が求める正解、を意識する以前の自分が、無意識に選んだ色だろうと思うから、その色が自分独自の世界観のキーにになるような気がしているからだと、ふと思ってみたり。

でも、自由に世界観を表現しろって言われても、夢を語れと言われても、大海原にざぶんと投げ込まれるような、鳥人間コンテストで突然ここから飛んで?って言い渡されて脚がすくむような、無理ゲーって思うような、そんな気持ちがどうしてもしてしまうのはなぜだろう。

流行にも乗れないし、個性もないし、自分もない・・・自分がどうしようもなく影の薄い、個性のない、ペラペラな中身のない人間に思えて来る。

こういうのが中2病的に行き詰まると、バックパック背負ってアジアに行っちゃうんだろうな・・・今42歳です。

明日、何を着よう?

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人論

2017.07.25 (Tue)

大人は「近目美人」より「遠目美人」鈴木ハル子★こんな上司を持ったら最高

いやさ、表紙のハル子さん、どう見ても40代、いやそれより若く見えるのですが、60歳を越えてらっしゃるとかでもうびっくりたまげている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

haruko_suzuki2.jpg

#ちなみにどうでもいいですが「魂消るとは魂が消えるほどの驚き、ということらしいです。

某エスティ ローダーで広報の責任者を長く勤められ、定年退職した後は「トータルビューティーアドバイザー」としてご活躍されているとのこと。

わー女性の憧れキャリアを絵に描いたような!でも、何だこの角がないっていうか、柔和というか、聖女のような清潔感っていうか!

#その秘密が本書に書かれてるわけです。


■ 資生堂パーラーで尊敬する美しい上司のアドバイスを聞くような感じ

この本は鈴木さんの初めて著書のようで、「美容・ファッション・暮らし・人間関係」について、ご自身がこれまで実践されてこられたことが紹介されています。

一つのテーマが1,2ページで構成されるという、このテの本のお馴染みの形式なので、とても読みやすく、少しずつ気に入った個所から読み進めることができます。

嫌味なく、押し付けがましくなく、気さくに、美しくあろうという向上心を刺激する文章は、読んでいるととても気持ち良く前向きになれます。

定期的に読んで、美のカンフル剤にするのがオススメです!美肌ドリンクより効くと想います!

haruko_suzuki1.jpg

「どれも決して大それたことではなく、日常に活かせるごくごく当たり前のことばかり。」
「ちょっとした気づき、ちょっとした心構え」

とご本人が仰る通り、ちょっとしたアドバイス集なのですが、鈴木ハル子さんの経験・キャリアに基づく理念が横糸に貫かれていると感じました。

それは「自分が自分自身を見つめる、俯瞰力」を持って欲しいというメッセージ。

ご自身で「私はちょっとお節介かも」と仰っていますが、こんなふうに「もうちょっとここをこうすると素敵だと思うわ。」なんて気軽に声をかけてくれるようなメンターがいたら最高ですね。

あぁ、こんな上司がいたらいいなぁ。

【参考】資生堂パーラー サロンドカフェ★ストロベリーパフェの完成度ったらもう!




■ 俯瞰力は気付く力そのもの

タイトルの「遠目美人」というのも、美容も人間関係も、俯瞰できる人こそ美しいというメッセージを、易しく分かりやすい言葉で表現されたものと感じました。

・「今日も違う」より「いつも同じ」ほうがおしゃれは本物(激しく納得)
・洋服の旬のパワー新しさのパワー(そうそう!)
・お気に入りの香りを手紙に忍ばせて、思いを伝える(やってみた)
・花を一輪。手間の倍返しでパワーがチャージされる!(実行中)


また、実力主義の厳しい外資企業でトップを走って来られたハル子さんの、人間関係の気づきも付箋ベタベタ。
ご自身の失敗をさらりと開帳する、それもまた魅力で。

・他人の短所を許し認めると、いい空気が回り始める
・自分が自分のメンターになる


美しくしなやかに生きる方のアドバイスには説得力があります!


■ ということでパタカラ

もちろん美容やメイクのTipsコーナーもあり、鈴木さんは15年パタカラをされているそう。

それにしても60歳を越えているとは思えない美しさ・・・一年以上かけてしっかりあたためたパタカラ・・・今度こそやろっ!

patakaram6.jpg
2016.06.03 パタカラでブルドッグ化は防げるのか★本気でパタカラ宣言
#お前の本気はその程度だったのかっ!




年齢や性別を越えて愛されるのは、「可愛いげのある人」



冷静で、客観的で、でも押しつけがましくなく、チャーミングで、懐が深く、でも芯がしっかりしている・・あぁ、絶賛の言葉がいくつでも浮かんで来るそんなご本人こそ、年齢や性別を越えて愛される方☆

目標にしたい美しい方がまた増えました。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  雑誌・本レビュー

2017.07.20 (Thu)

バッグ選びの正解と人生と私

ファッションの「正解」を求め続けて6年目になろうとしている(このブログが2012年スタートなので)櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

さて、以前からバッグのことでやりとりをさせて頂いているMさんから先日メールを頂きました。
(ご了承頂いて一部掲載しています〜ご快諾ありがとうございます)

>以前からバッグを探しています。

・オールシーズンOK
・カジュアルでもワンピースでもOK
・手持ちのどの服にも合う
・そこそこのクオリティ
・上限5,6万くらい
(櫻田追加:軽い、丈夫、汚れにくい)

>何を基準にすれば、万能的な物を見つけられるのでしょうか。

ブログにご相談を頂いてよく感じるのは「あなたは櫻田ですか?」ってことなんですが、えぇ、櫻田も同じような基準で「運命の万能バッグ」をずーっと探して悩んでいます。

ということで、適切なアドバイスや回答を差し上げることができません。

でも、悩んでいる櫻田のぐーるぐるな心理状態を共有することはできますので、今回はそれをしてみたいと思います。

すごく長く回りくどいので、そこんとこ4649!



ちなみに、小林直子さんの回答をば。

バッグの色の選び方
小林直子さんのブログ「誰も教えてくれなかったおしゃれのルール 」より

前提として、小林さんはその著書で、コーディネートはシルエットよりまず色が大切と仰ってます。

naokokobayashi.jpg

櫻田史上最高のおしゃれになる!企画記事一覧


■ 私達は「正解」を求めている

骨格診断とかパーソナルカラー診断とかが流行るのは、私達が「正解」を求めているから。誰かに「あなたはこれが似合う」「この組み合せが正しい」と言って欲しいからだと思います。

自分に軸がないし、自信に自信がないから、先生に「これが正解よ」って言ってもらいたい。

セレクトショップに似たような服が並ぶのは、正解が良く分からないから「皆と同じ」「オシャレな人がオシャレと言ったもの」なら安心だと、雑誌に掲載されたものを正解だと思う私達が、似たような服しか求めないからです。(そう、仕向けられているというのもあるが、それに耐性がない=自分がない。)

なのに、セレクトショップにもどこにも欲しい服がない・・・と思うのは、自分に軸がないクセに、人と同じなんて嫌という、思春期の中高生かいっ!って状態だからだと自分で思っています。


■ 主役を張る勇気もないけど、脇役もイヤ

自分に軸がないなら、自分で作るしかない。それは即ち、どう生きたいかを決めて、それに向って努力することだと。

でも、そんなのかったるいじゃないですか。

小林さんは繰り返し「人生という舞台の主役を生きましょう!」とおっしゃいますが、そういう生き方を誰もがしたいとは思っていないような気がします。

主役を生きるのって大変です。いい感じの脇役で、いいじゃないか!白鳥の湖の、ソロもいいけど群舞も素敵です。

(ご本人もそれを否定しているのではなく、主役を生きようと思う方に向けて書かれているのだと思いますが)

適度に流行を追って、適度に皆と同じような服を着れば「正解」から大きくズレることはない。誤差のようなオリジナリティの中でも、自分らしく楽しめばいい。

小林さんのおしゃれの教科書は、どう生きたいのか、を決めることからスタートしますし、他のファッション指南本でもそれは強調されています、が、私らしく生きるというのは、常に自分と向き合うことが必要で、誰かが正解を与えてくれるわけではなく、実は結構しんどい。

そこで、上手に折り合いを付けて群舞を楽しみ、美しく楽しく人生をダンスする生き方を選ぶ人もいる。

そして、それを受け入れられもしないし、上手に群舞に入ることもできないし、主役にもなれない・・・っていう私を含めたもがいている人達もいるわけで、そういう人がバッグ選びの正解を求めて何年も苦しんだり、そして小林直子さんの本を読むとハマるんだと思います。

そう、主役を張る勇気もないけど、脇役も嫌な私達を、主役人生に誘ってくれるのが小林さんで。

櫻田史上最高のおしゃれになる!企画記事一覧


■ 何かを選択したら、何かを諦めなければならない

>(アンテプリマのバッグの件で)私もシルバー系に惹かれます。
>けれど、アクセサリーがゴールドの時、合わせやすいバッグがこれまた無いんです。中途半端なのです。

うおー、それ分かる!バッグの金具も含めた「金属問題」たまにゴールドのアクセサリーもしたいのに!どうすりゃいいねん!って。

何かを選択したら、何かを諦めなければならない。

あれもこれもそれもどれもは子供まで・・・それが実現しているように見えるセレブも、有名になることを選択したら、自由やプライベートを差し出さなければならない。

イケメンを選択したら、経済力や浮気には目をつぶらなければならない。

アクセサリーはどちらかに統一するか、金属を統一するのを諦めるのか、コーディネート力を上げる努力をするか、どちらも楽しむためにミニマムクローゼットは諦めるのか、専業主婦は諦めるのか。

どれも諦め切れないのは、反対に、自分にとって何が重要で大切かを決断していないからではないでしょうか。

櫻田はそれができていないから、こんなにグルグルしてるんだと思います。←後から付けたしました


■ さて、何を基準にすれば、万能的な物を見つけられるのでしょうか。

そんなどっちも決められない状態だから、運命のバッグに出会えないんだと思います。

運命のバッグは、条件等で絶対的に正解が存在するのではなくて、自分が「これ」と決めるものだと思うんです。

人生のパートナー選びに近いのかもしれません。

自分の決断に自信と「責任」を持てるようになった時、その責任を誰かに押し付けなくなった時に、運命のバッグ探しは終ると思います。まあ、ワードローブ迷子も終るし、自分探しの旅とか、婚活も終るよね。

それが出来れば誰も苦労しないけど。

Mさんのご質問にお答えするならば、「自分を基準にすれば、万能的なものが見つかる」のだと思います。他人や診断や流行を基準にしている限り、自分のバッグは見つからないし、どこか難くせをつけて「もっと良いバッグがあるはず」となるんだと思います。

あぁ、人生のパートナー選びと近いのかもしれません。


■ ファッションの悩みは人生の悩み

>以前の私は結構悩みながらも、欲しい物は購入していたのですが、最近は自分に何が合うのか、訳が分からなくなってきておりまして…。
>冒険したい自分と保守的な自分とに悩まされています。

それは、もしかしたらご自身の生き方の問題と似ていないでしょうか?

「以前の私は結構悩みながらも、新しいことにチャレンジしてきたけど、最近は自分がどうしたいのか、どう生きたいのか、分からなくなってきて・・・自分を変えたい、変わりたいと思う気持ちと、今のそれなりに楽しく充実した毎日を失うのは怖いという気持ちとに悩まされています。」

勝手な決めつけだったら本当にごめんなさい。でも、特に年齢が上がって来て、櫻田自身そう思う時があるから、もしかしたらMさんも一緒じゃないかなって思って。

だからこそ、本気で主役を張りたいのか、脇役を楽しもう♪とするのか、決断することが必要なんじゃないかな、と。

脇役を楽しむなら、もっと気楽にSNSに流れている流行のものを買えばいいし、本気で主役を張りたいなら、努力するしかないと思います。





また、私達には恐らく「悩んでいる自分が好き」という側面もあると思いますので、あまりご自身を追い込まなければ、決断せずに揺れ動き続けるのも、それはそれで一つの生き方な気もします。そう受け入れて「悩むのも趣味♪」と思えば、悩むこともそれほど辛くならないはず。





いやでもさ、「自分を基準にすれば、万能的なものが見つかる」とか、そんな哲学ぶった回答なんて参考にならないし、現実問題そんな徹底的に自分と向き合うとか、無理じゃん。みんな白黒付けて生きてるわけじゃないし、ある程度妥協したり誤摩化しながら生きているのが普通だし。

だから、ファッションはテクニックの問題と考えてあまり深く考え過ぎず、まずは基本的なルール(3色ルールやリレーション)をマスターして、マスターできたら応用して、その時折雑誌に掲載されたいい感じと思う装いを、自分の予算内でコピーして、群舞を楽しむのでいいんじゃないかと思ってもいます。

だって、ファッションが「その他大勢」っぽいからって、その人の生き方までもが「脇役」になる訳では全くないし、これまでの人生の選択を、自分自身が正解だと思えているならば、不満があってもそれを他人のせいにしていないならば、その人は自分の人生の主役を生きていると言えると櫻田は思うから。

悩むのが趣味の櫻田は、悩みながら「人生の主人公に相応しい、主人公の輪郭を強く描いてくれるようなワードローブ」を考えて、組み立てていきたいと思っています。


ので、万能的な運命のバッグも探しつつ、夏のカゴバッグなどにも心惹かれるMさんの選択肢、

①夏限定のバッグを選ぶのか
②そこそこ使えそうな、夏でも持てそうなお手軽バッグを選ぶのか
③購入はやめて、本命のバッグに少しでも足せるよう我慢するか

櫻田の場合は予算配分もあるので、頑固に③です。

でもそう、

>最近、手持ちのバッグもピンとこなくなり少々焦り気味です。

はい、手持ちのバッグの傷みも激しかったり、使い勝手が悪かったり、もう、助けてーって感じですが、今週、今月の櫻田のテーマは「焦らない」です。

Mさん、これからも一緒にバッグ選びに、ファッションに、悩んで参りましょう!

そして、何の解決にもならないお返事で、さらに超絶長くてごめんなさい!


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人論

2017.07.12 (Wed)

必要なのはコスメではなくテクニックby長井かおり★今必要なコスメ集めてます

周囲がざわつく自分になりたい櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

kaori_nagai1.jpg

#櫻田さんの今日メイク、パンダっぽくない?っていうざわつきは避けたいところである。


シャネルのファンデーションを塗ったから美人になったとか思っている櫻田には切ないタイトルなのですが、メイク初心者(いい加減初心者抜けようよ)の櫻田にとっては、これは良さそうだなぁと前から思っていてポチってみました。


裏表紙の帯↓こんな内容です。

kaori_nagai2.jpg


この本ではメイク前のスキンケアがとても重視されているのですが、櫻田はスキンケアマニアで、自分の信じる地味な美容皮膚科の先生達と違うこともいくつか書いてあって、若干拒絶反応気味になりながら読みました。

でも、絶対的正解のないスキンケアなので、美容皮膚科の先生と、メイクさんの視点は違うだろうから、さもありなん。

自分が今まで正しいと思っていたことと違うことをやっても、それが直ちに肌に悪い変化をもたらすとは思わないし、むしろ半年くらい今までと違うことやったら、肌が活性化されるんじゃないかくらいに思って、最近自分の中で流行っている、

・いいとこ取りでは効果は出ない。すべて信じて100%従うことでやっと少し効果が出る。
(100%従ったつもりでも、50%くらいしかできていないものですし。)

という考えに従って、まずは1ヶ月、この本に忠実に従ってスキンケア&メイクをしてみようと思います。

なお、対象がアラサーくらいだろうなっていう気もするんですが、年齢や顔のタイプは関係ない!と言い切る長井さんを信じてついて行きます。

書いてあることはすごく目新しいとかじゃないらしい(amazonの書評でそういうものが散見された)のですが、全部徹底的にやっている人は少ないと思います。

メイク上手な方はともかく、櫻田のような下手な人が自分でいいとこ取りしたメイクなんて、プロが考えたプロセスより良いワケがない。

この本の順番通りにやってみてください。ムダなものはひとつもありません。


はーい!

・メイク前のスキンケア
・ファンデーションの塗り方
・アイメイク

の順番で、これまでと大きく変わりそうです。


■ 悪い所をカバーするのではなく、良い所を目立たせる。

その象徴的なテクニックが、ファンデーションの部分厚塗りです。

具体的なことを書くとネタバレになってしまうので避けますが、こんなにメリハリ付けるんかい!ってくらいでびっくりしました。


メイク下手はコンプレックスを見て、メイク上手はチャームポイントを見ています。



メイクが下手な櫻田は、コンプレックスである鼻の毛穴ばかり見ています。

長井さんはトータルとしてキレイに見えることを重視されていて、それにはとても納得するし、私でもキレイになれるかもって勇気づけられます。

毛穴を埋めることより、一番見られる頬の高い部分を美しくする方に注力するほうがいいよね。

イメージだけのメイク本にはない「理論」とか「合理性」とか「根拠」とか、そういうものも書かれているので、読んでいるとかったるくなる方もいらっしゃると思いますが、櫻田はそういうもので「納得」できないと前に進めないタイプなので向いてます。

小林直子さんのオシャレ指南本と同様、回りくどいとか、思われてしまいそうな気がして、そこらへんは合う合わないがありそうです。


■ 必要なのはコスメではなくテクニックだが、最初は新コスメが必要

さて、自分の手持ちのコスメではカバーできないプロセスがあるので、やはり最初はそれなりの準備費用が掛かります。

現在いろいろ物色中ですが、やはり2万円くらいの出費にはなってしまいそうです。わーん。

でもこれも「投資」と考えて、特にスキンケア系は妥協せずに選びたいと思います。


■ まずは基本の型を覚えよう

30分のメイク時間を確保しましょうと。おう、朝に30分か。頑張るぜ。

メイクもスポーツと同じで基本の型があり、すればするほど上達していきます。


小林直子さんも仰っていますが、最初はまず基本の型をマスターしましょうねと。

小林直子さんの本に関する記事一覧

それをせずに、ヘタな櫻田が自己流でいいとこ取りするからいかんのだと思います。

スキンケアの癖を取るのは大変


なんだだろうなぁと思います。だからこそ、基本の型をしっかりマスター!基本の型をしっかりマスター!!

その他メモったこと。

・化粧水も美容液もクレンジングも1.5倍
・ペトペトチェック
・テカリとツヤの違い=テカリはツヤがムラになったときのことを言います。
・眉毛の芝刈りは禁止 毛が長いのは可愛さの根源です
・眉を書く前にスクリューブラシ



■ とても悲しくて泣きそうなこと、いや実際泣いていること

パウダーファンデがNGなので、シャネルのファンデが使えないことです。リキッド推奨。

chanel_le_blanc3.jpg

下地もピンク指定です・・・セットでお蔵入?

嫌よ、絶対イヤイヤ〜 高かったし←それ思っちゃうよね 気に入ってるもん。

これが嫌で、もう、この本を買わなかったことにしようかと思ったのですが、とりあえずTHREEのコスメを復活させて、1ヶ月はシャネルはお休み、かな(涙)

スキンケアについてはもうスタートさせているのですが、アイテムがあらかた揃ったら、またご報告させて下さい。


■ 長井かおりさんメイクのネット上の情報いろいろ

長井かおりさんオフィシャルブログ
長井かおりさんオフィシャルサイト

そして、ミモレで掲載されている長井さんのYoutube動画は全部観ました。本の大切なところを殆ど網羅してしまっている気が・・。

下地は2個使いでキレイが長持ち
ファンデーションは“美肌ゾーン”だけに塗る
パウダーを極めるものは、ベースメイクを制す

「目はまつ毛で大きく見せる」 アイラインのテクニック
「目はまつ毛で大きく見せる」 ビューラーのかけ方
「目はまつ毛で大きく見せる」マスカラの塗り方

「眉は”道具”があれば美しくなれる」 ナチュラル眉を作る秘密テク&アイテム
「描いてはぼかす」でナチュラル眉に! 好感度の高いナチュラル眉を描くテクニック
どんな眉でもナチュラル太眉に![お悩みQ&A] 自然に仕上がる!アイブロウマスカラの塗り方
どんな眉でもナチュラル太眉に![お悩みQ&A] 眉が離れている人の眉頭の足し方


ただ、スキンケアについての動画がないんですよね・・・手つきを動画で見たい!

動画はないですが、ハレタルというサイトの連載を読めば、スキンケアについても書いてあります。

ハレタル:長井かおりさん連載一覧
スキンケアについてはこの記事です:崩れにくいメイクはスキンケアから


オイルを使う櫻田にはこちらがピッタリかな。
@コスメ:冬でもメイクのり、いい感じ!!朝のおすすめスキンケアテクニック!


最後に、ハレタルの記事から、長井さんの本を買おう!と思ったきっかけの一つになった文章を。

メイクは自分のためにする

私は、メイクは人に見せるためにするのではなく、自分のためにするものだと思っている。毎日のことだから、誰かに会うから仕方なくメイクするより、自分の気持ちを上げるためにメイクしたほうが絶対にいい。忙しい朝に時間をどうにか作って、スキンケアとメイクをした頃には、きっと顔も明るくなっている。

だから「今日は雨だから、家で子どもと過ごすだけ……」という日こそメイクをしてほしい。私自身は、すっぴんだとどうしても“ずぼらスイッチ”が入ってしまう。たった5分でも自分のために時間を使ってメイクすることで、気持ちがシャンとして家族に向ける笑顔も変わってくるはず。

最近すっぴんで過ごす日が増えたなと思う人は、だまされたと思って一度メイクをしてみてほしい。

ハレタル:朝“これだけ”ですてきになれる時短メイクのコツ



土日はすっぴんの櫻田、長井メイクで土日の過ごし方も変えるぞ!

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  雑誌・本レビュー
 | HOME |  NEXT